野ねずみ

ソフトボール秋季大会3日目

9月23日ソフトボールの試合がありました。
先週台風の影響で延期になっていたので予備日であったこの日に行われました。
大会三日目、そして翌24日が最終日、6年生7人はこの大会で最後です。
Aチームはこの日は1試合だけ、この試合で投げたのは6年生のTちゃん。
毎朝5時に起きてこの日のために投球練習をしてきた努力家で、9月23日が12歳の誕生日だったので、いつものポジションはセカンドですが、この試合に投げさせてもらえることになり、張り切っていました。
結果は8対0で圧勝です!みんなでTちゃんを囲んで「ハッピーバースデイTちゃん〜♪〜」を歌いました。歌いながらみんなに叩かれてましたが、Tちゃんのご両親もビデオを回してとってもうれしそうでした。
私はその様子を見てるだけで、ウルウル涙してしまいました。
Tちゃんのボールをキャッチしたのはうちのぐりおで、この2人は同じ時期にソフトボールをはじめたライバル?、ポジションがかぶってしまい、お互い意識する仲だったのです。
でも努力はTちゃんのほうが何倍も上、ぐりおも見習わないといけないな〜と。
最後にピッチャーが出来るほど上手くなったのですから・・・立派です。

低学年のBチームは2試合ありました。
またまた、ぐらおがピッチャーで4番バッターでした。
日頃の練習は全くと言っていい程やっておりませんので、見てる私の方が心配で、遠くの方から見てました。
ぐらおの自信はどこからくるのか????満塁になっていても平然と投げて、デッドボールを当ててしまっても、ペコリ!と帽子を脱いで頭をさげて、動揺することなく、投げてました。
相手チームも低学年なので、しょぼしょぼヒットも相手のエラーで、点が入って、一試合目14対9、二試合目15対1でなんと、連勝しました。
奇跡というかまぐれというか、草野球中の草野球!で見ていて微笑ましいような・・・そんなレベルです。

「明日は決勝戦だね!AチームもBチームも決勝まで残ってすごいね!頑張ろうね〜」とうちに帰ってから家族で一服しながら話してました。
そしたら小2のぐらおがボソッと言ったのです。
「努力型と天才型があるとしたら、おれは天才型!」と。大見えを切って申しました。
すかさず私が後頭部バッコ−ンと叩いて、大笑いでした。
これからの試練が待っているとも知らず、甘〜いぐらおくんの一言でした。
「よくがんばったね〜」と言うべきか?
「全然練習もせずに、もっと努力しなさい」と言うべきか?
ぐらおはホントに憎めないです。バカな子ほどかわいいというやつですね!
[PR]
by daisukit | 2006-09-26 14:22 | ソフトボール

中学2年生と小学6年生の男の子の話題は大好きな野球とゲームとあれこれ・・・
by daisukit
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

お気に入りブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな