野ねずみ

カテゴリ:学校の行事( 57 )

ぐらおの帽子

小3ぐらおのお気に入りの帽子は千葉ロッテマリーンズの帽子です。
毎日学校にかぶって行きます。
ぐらおがプロ野球選手のなかで一番好きなのはロッテの里崎捕手なのです。
知ってますか?
この帽子、とっても派手な赤と黒のギザギザのデザインで目立つんです。
しかも、ロッテファンって珍しいから、他にかぶってる子いないんじゃないかなぁ~と思います。

最近雨の日が多かったので、帽子をかぶらないで学校に行く日が続き、私はうっかりしていました。無かったのです。

今日、私はPTA図書ボランティアの打ち合わせ会があり、そのときの隣の席がぐらおと同じ組の男の子Nくんのお母さんでした。
家に帰って「今日Nくんのお母さんといっしょだったよ」と何気なくぐらおに言っただけのつもりが・・・・

いきなり怒り出して、
「あいつ!むかつく・・・俺の帽子先々週の木曜日から取って、返してくれない!」
というのです。
初耳!?
帽子無かったの~?
私としたことが、全然気がつきませんでした・・・

早速電話しました。
Nくんは出かけていて留守でしたがお母さんに聞いてみました。
「知らないわ~でも帰ってきたらすぐ確認するわね!」
という返事でした。

夏休みに入る前には返してもらっとかないと忘れられてしまうでしょうし、
困ったな~ほんとにNくんがもって帰ってないとしたら。。。。どこにあるのかな・???
今までも何度かNくんに電信柱に帽子を引っ掛けられたりいろいろされたそうだけど、
今回は、全然返してくれないから、
「返せ!」というと「明日持ってくる」といいながら、ずるずる・・・約二週間も。
男の子って聞かないと話さないってことがよくありますよね。
もっと早く話してくれたらいいのに・・・・
どうなってるのかな~と心配でしたが返事の連絡がない。


そして8時半お風呂からあがって、くつろいでいると
ピンポーン!!と玄関がなって
あ~来た!と思いました。


帽子を持って謝りに来ました。
ただ、ぐらおと話がしたかったのに、聞いてくれなかったから、帽子を取ったのだそう・・・
それで、その取った帽子を、なんと!Nくん宅の目の前の空き地にポーンと放ったというのです。その行動に違和感を感じます。人のものをそんな簡単に捨てるようなことできますか?

そして野ざらしのまま二週間。
その間に台風もあり、探したら、泥だらけだったらしく、洗濯して、ドライヤーで乾かして、持ってきてくれました。

やれやれ。。。
久しぶりに見る、ロッテ帽子。
ずいぶん日焼けして、赤色がうす~くなってしまいました。

Nくんが「ごめんね」と言うと、「いいよ」と言ってぐらおはうれしそうでした。

で、お母さんもショックだったそうで、ごめんね~と何度も謝ってくれて、シュークリームまでいただいてしまいました。
今後ぐらおがNくんと仲良くなれるかはどうかは見守りたいと思います。


一度も遊びに来たことが無いNくんがどうして、我が家がわかったのかな~?
誰かに聞いたのかもしれませんね!
どこかでつながってますよね~お友達の輪。
[PR]
by daisukit | 2007-07-19 03:39 | 学校の行事

教育講演会

先週金曜日の午後、学校の体育館で、教育講演会が開かれました。
町長はじめ、町内の学校の先生方も大勢集まっていました。
5年生6年生も一緒に話を聞きました。

演題は「人々を救ったのは、人の心」~大震災をのりこえた子ども・親・先生たち~
講師は近藤豊宣先生、阪神淡路大震災に被災したときの避難所になった神戸の中学校校長先生のお話です。
不眠不休の19日間がどんなようすだったか・・・・
避難所になった中学校の体育館の映像を見ました。
足の踏み場がないほどの人数が布団に包まっていました。

冬でした。
私の記憶から忘れかけていた映像です。
12年前の1月17日午前5時46分。
6434人の命が奪われました。
地震発生直後の医療活動の様子は、次々に重軽傷者が運び込まれてパニックでした。
建物の倒壊と同時に発生した火災はいいようもない恐怖を神戸の人々は体験したのです。

避難してきた人たちが一度に学校に避難していきたところで、一日にお弁当が3人に1つしか渡らない状況のなか、差別がおこり、混乱したのだそうです。

みんなが助け合わなければいけない時にまず立ち上がった中学生の男の子の強さを感じました。、必死に子どもたちが進んで、ボランティアをはじめていった話を、感動して聞きました。
お年寄りや足の不自由な人を思いやる気持ち、こんなときこそ、弱いものに手を差し伸べることの出来る人は立派だな~と思いました。

東海地区にいつ大地震がきてもおかしくないといわれています。
神戸の子どもたちが立派なんじゃなく、みんなも出来る力を持ってるのだから、
自分の出来ることを考えて、人のために何かできる人になってください・・・という近藤先生のお言葉をしっかり刻んで、東海大地震のときには、強くありたいと思いました。
と言っても、怖いですけど。
[PR]
by daisukit | 2007-06-25 23:29 | 学校の行事

ペアレンツ学級、参観日

6月17日日曜日、父の日にペアレンツ学級が開催されました。
恒例の授業参観の後にある親子活動で工作をするので、牛乳パックやハサミ、ボンド、セロテープ、マジックやら準備して参加しました。

工作が得意な?私がまず見本を見せて、あとはパパに工夫してもらって、子どもの要望に答える作品に仕上げてもらいました。ぐりおとぐらおの二人分、同時進行で、必死でしたが、ステキな紙飛行機が出来ました。
主翼や水平尾翼の傾きや左右均等かを調節して、出来上がった紙飛行機を次々子どもたちが廊下に出て飛ばしあっていました。
父親と子どもたちが喜んで遊んでる様子が、大変微笑ましく思えました。


一時間目にあった授業参観では小5ぐりおは国語の授業でした。
グループ学習だったので、友達と仲良く楽しそうになにやら書いていました。
こんな授業参観は見ている親はつまらないです。
たまりかねて、何書いてるの~?と、そばまでいって覗いてみました。
グループでスゴロクをして、物語を作る遊びのようなことをしていました。
でも、必ず使わなければいけない漢字が決まっていて、苦戦していました。


小3のぐらおは算数で筆算の仕方を考えようという内容の授業でした。
ぐらおは数え棒を忘れてしまい、先生に借りていました。
その数え棒、昨夜、わざわざぐらおのかばんの中から出してしまったのが、私でした。
ごめ~ん、数え棒を算数の勉強で使うこと知らなくて・・・
余計なことしてしまったバカ母でした。



下校時には、大地震があったことを想定して、引渡し訓練がありました。
グランドに整列してる1年生から6年生までの子どもたちの中から、わが子を引き取りに行く訓練です。
担任の先生は一人一人確認をしながら、子どもたちを迎えに来た保護者に引き渡すというものです。いざというときに混乱しないためにも、必要な訓練ですが、あってほしくないですね。
大地震が来ないことを祈るばかりです。



f0096948_1261948.jpg

[PR]
by daisukit | 2007-06-18 00:52 | 学校の行事

親子会*カレーライス

6月15日金曜日、小学5年生のぐらおのクラスの親子会がありました。
調理室でカレー作りです。
来月キャンプがあるので、カレーの作り方を覚える為の実習ということで、
「お母さんたちは手を出さないで口をだして子どもたちにやらせてください」と先生に言われました。
グループは5人の子どもたちにお母さん3人そこに担任の先生が加わり全部で9人です。
たまねぎ、ジャガイモ、にんじんを切るのも交代で、皆が一回は包丁を持つようにということでした。
びっくりするほどの量のカレーが出来ました。
お米は9合でしたが、ガスの炊飯器であっという間に炊けました。


カレーライスはとっても上手く出来て、美味しいのに、ぐりおはあまりカレーライスが好きではありません。

私も食べながら、様子を見ていると、
よその子に比べ、ぐりおの食べ方が非常に遅いのです。
お皿からあふれそうなくらい、山盛りのカレーライスでした・・・全然減りません。

同じグループの男の子はガツガツ食べて、お代わりして、早々ときれいに食べ終わっているというのに・・・
私はみかねて、「早く食べなさい、少し手伝ってあげるから、これだけは食べなさいよ」と言って減らしてやりました。
それでも口に運ぶ手が止まってしまい、ついにギブアップ。

あ~~情け無いわ~~~
家庭訪問でも給食を食べるのが遅いですと言われたばかり。
1年生のときから、担任の先生に共通して言われ続けてきたことです。
給食もこんな感じで、チマチマ食べてるんだな~と様子が目に浮かびました。
先生が、「ぐりおくん、カレー食べれなかったら残していいからデザート食べなさい」と言ってもらったのに、もうすっかり食べ終わってるグループの子たちを待たせるのは悪いと感じたぐりおはゼリーも残してしまいました。
ぐりおが班長だったので、「ごちそうさま」をして、やれやれ。。。という感じでした。



この日、学校から帰ったぐりおは、案の定おなかが空いてて、お好み焼き一枚食べました。
カレーは不味かったらしいです。
キャンプ行って、どうするんだろうか・・・・?
ほかに何も食べるもの無いのだから、おなか空いてバテルだろうな~
私はとても心配になっています。
[PR]
by daisukit | 2007-06-17 23:56 | 学校の行事

交通教室3年生

今日も暑い日でした。
朝から、学校のグランドで、3年生のぐらおのクラスの自転車訓練が1時間目にありました。
私も交通指導員の方(みどりのおばさん)と一緒に交通教室のお手伝いに参加しました。

グランド一面に白線で道路を描き、踏み切りや横断歩道、信号機や一時停止標識を設置してあります。
私は一時停止の右折箇所に立って指導しました。
止まれの線でブレーキをかけるのも、フラフラしてる子や、
『右よし左よし後ろよし』と確認したあと、こぎ出すときにフラフラして、道路に飛び出してしまう子がいて、見ていて、恐ろしいです。
グランドの訓練が一周した子から、学校の外に出て、交通量の多くない裏道を走りました。
実際、道路に出ての訓練はポイント箇所に父兄が立って見守ります。

うちのぐらおは21インチの自転車ですが、
少し背の高い女の子や、男の子でも、とても大きい26インチに乗ってる子がたくさんいて、ふらふらしているのです。
どうみても大きすぎの自転車のサドルを目いっぱい下げて、つま先がつく程度にしてありました。(自転車チェックシートによると、つま先がつけばよいそうですが・・・)
タイヤが大きいと、直線ですごくスピードが出てしまい、得意になって突っ走っていきました。
ホント、危険・・・です。

自分の命を守るための交通指導ですが、そのまえに自分の体にあった自転車にのることが大切だと思いました。
[PR]
by daisukit | 2007-06-13 10:53 | 学校の行事

小学生漢字「書き方」苦手!テレビ視聴が影響か?

先日、こんな見出しの記事が新聞に載っていました。
『小学生で習う漢字は読み方よりも書き方の方が間違えやすい』
という内容です。
この記事を読んで妙に納得してしまった、私。
息子たちを見ていても、夢中になって本を読むことはあっても、夢中になって字を書くことはありません。
テレビを見る時間が短い子どもの方が正解率が高かったそうです。
我が家は、夕食のとき以外テレビがずっ~とついてます。。。。寝るまで。
まさしく、うちの息子のことを言われているようでした。

昨日、学校に注文して購入した「小中学生のための言葉の力を身につける本書く力話す力」という本が届きました。
内容は、小学5年生には少し難しいのですが、私には丁度いい勉強になる内容でした。
まず、はじめに会話や文章作成で積極的に使いたい言葉として、慣用句、敬語、ことわざがわかりやすく説明書きがあり、後半は、漢字で書き表す言葉として、三字熟語、四字熟語、反対語が五十音順に書かれています。

四字熟語といえば「平平凡々」!以外知らなかった私。
ことわざカルタにでてこないような、はじめて知ったことわざも目から鱗が落ちた!ようでした。

勉強から遠ざかっていた私も、慣用句や敬語はじっくり読む必要があるな~と向学心に燃えています。

昨夜は、ぐりおがもって帰ったこの本で、反対語クイズをして遊びました。
楽しめました!
たまにはテレビを消して、漢字に興味を持つ遊びもいいな~と思っています。
[PR]
by daisukit | 2007-05-30 13:21 | 学校の行事

学校始まりました!

ぐりおは小5、ぐらおは小3、になりました。
担任の先生は二人とも女の先生です。

ぐりおは苦手な先生になってしまい、とってもブルーです。
始業式の日に怒られた友達がいて、うちに帰ってから、その怒り方のまねをしてくれました。
いけないことだけど、先生のこと、呼び捨てです。。。。
4年のときは音楽を教えてもらった先生らしい。
忘れ物をして怒られたりしたようです。

でも友達は仲のいい子が集まったといって喜んでいます。
小5は夏に2泊3日のキャンプがあります。
厳しいくらいの先生がいいですよね!

ぐらおは、今日新しい友達とタコ公園に遊びにいきました。
新学期は、いいですね!出会いがあって~

来週は授業参観があります。
私はとっても楽しみです。
[PR]
by daisukit | 2007-04-11 23:11 | 学校の行事

修了式

3月24日金曜日
「明日から春休み~」ルンルンで帰ってきた子どもたちでしたが、
かばんの中から成績表を出して、二人とも「ひとつ上がったよ~」と見せてくれました。
そして「ごほうびなんか買って~」と口をそろえて言うのです。
「三重丸がひとつ増えたくらいで、ゲームのソフトが買ってもらえると思ったら甘いよ・・・」
とじっくりいすに座って私がよ~く見ると、ぐらおの成績は2学期とまったく一緒で増えてないし・・・ぐりおのもよく見ると項目がひとつ増えててそれが三重丸だっただけで、二学期のと変わりなし。
ということで、ごほうびはなしということに。

でも、私がすごくうれしかったのは、ぐりおが皆勤賞の賞状をもらってきたことです。
全然意識してなかったのですが、4年生になって一度も休みませんでした。
賞状には!「あなたは、4年生の一年間暑い日も寒い日も毎日休まずに登校することが出来ました。家の方のご苦労もあると思いますが、よくがんばりました。5年生に進級しても健康に気をつけて勉強に運動にがんばってください。」と書かれていて、
母としてはぜ~んぜん苦労してないのですが、丈夫な体に育ってくれてママは感激です!
ぐらおは、皆勤賞ではありませんでしたが、一年間で休んだのはたった一日、先日の中耳炎で休んだけでした。

成績は目をつぶるとして・・・・
私からも三重丸をあげたい気持ちでいっぱいです。


ぐりおの成績表の最後に、担任の先生の言葉があり
「誰もが見て見ぬふりをしていたゴミを自主的に拾うことができました。責任感と思いやりのある素晴らしい行動です。」
と書かれていました。


ぐらおといえば、ボール好き!
先生からのことばには
「国語「楽しかった2年生」では会話文やつなぎ言葉をつかって順序良く運動会のことを文にまとめました。ボール運動が得意でドッヂボール、ボールけりゲームでは大活躍をしました。お別れ会では終わりの言葉を担当し堂々と言いました。」
と書かれていました。


一年間、先生方には大変お世話になりました。
息子たちが楽しく学校で過ごすことができたことに感謝しています。

もうすぐ3年生と5年生になりますが、「めざせ!皆勤賞」でがんばって欲しいです。
[PR]
by daisukit | 2007-03-26 00:32 | 学校の行事

六年生6人の卒業式

3月20日火曜日晴天
ソフトボールでぐりおが小学一年生の頃からお世話になった二年上の6年生6人が卒業しました。
小4のぐりおはいつもより早く家を出て準備があり、卒業式にでて送る言葉や歌を歌ったそうです。
寄せ書きにも書かせてもらったと言ってました。
今まで本当にみんなに可愛がってもらって、ぐりおは恵まれていたなぁ~と感謝でいっぱいになりました。
2年後また、ぐりおが中学一年でみんなは中3の先輩になって会えるのですね。
そのときには、もっと大きく成長しているのでしょうね~
男の子は中学いってから背がぐ~んと大きくなるっていうし。
楽しみなようで、どんどん遠い存在になってしまうような寂しさもあります。

私は10時半ごろ在校生と運動場に並んで卒業生のお見送りに行きました。
ソフトのお母さん仲間も見に行き、6年生の晴れ姿を見て、手を振って~卒業おめでとう~中学にいってもがんばってね~と伝えるだけのつもりが
一緒に記念撮影!
あれれぇ~わが子は小4なのに・・・・そのぐりおも6年生に混じって写真とってもらってました。
6年生は、とっても晴れやかな表情をして、みんなニコニコで満面の笑みでした。
涙を流したのは、6年生の父でもある監督だけとか。。。。(笑)

2年後のわが子の卒業式を想像しながら、私、きっと泣くだろうな。。。と思いながら見ていました。
小学校の6年間って長いようですが、短いような、卒業式を迎えるまで、今日のことだけを考えて何も気づかずに過ごしてしまっているわが子たちですが、これからの2年間はキャンプや修学旅行など、5年生6年生は思いっきり楽しんで欲しいと思っています。

6年生のKくんTちゃんKくんRくんSくんTくんみんなありがとう!
ソフトボール大会優勝総なめした、伝説の6年生、中学いってもがんばってね!
[PR]
by daisukit | 2007-03-21 22:20 | 学校の行事

授業参観&懇談会

今日は学校公開日で2時間目から4時間目まで授業参観できる日でした。
4年生の方へ行ったり、2年生の方へ行ってみたり、楽しかったです。

ぐらおが2.3日前から「4時間目の音楽の授業だけは絶対来るな!」と言われていました。
でも、その4時間目の音楽授業にママ友たちと約束していたので、
「変装してぐらおに気付かれないようにいくから」と私が言うと、
増々怒って「もし来たらボカボカに叩くから〜」とまで言われてました。
でも平気な顔して、私、見に行きましたよ。
そしたら急に顔色が変わって、むすっとしてました。
どうもグループごとに発表があるみたいで、緊張していたようでした。
様子を見ていると、ぐらお一番簡単なカスタネットで。。。。
そんな。。。緊張するような曲じゃないし。
「チャチャチャマンボ」
前にでて踊りながら歌う二人の事を思うと後ろで立ってカスタネットは、と〜っても楽そうじゃないのぉ?
演奏が終わって、カメラを向けてパチりと撮るときは、ニタァ〜とすっごくかわいい笑顔でした。
我が子が一番かわいく思える一瞬。
2年生はみんな無邪気に、歌って、踊って、楽器を演奏してましたが、ぐらおがこういうのが苦手なのはよくわかってました。
ヤマハ音楽教室も続かなかったし。。。

小4ぐりおは私が行ったときに演奏が終わってました。
後ろの私をちらちら見て、「来るの遅い。もう今終わった。」と小声で怒ってました。
「ごめ〜ん」、ぐらおとは逆で見て欲しかったようでした。
4年生の音楽の授業は「北風小僧の寒太郎」のグループ演奏でした。
演奏は高学年音楽室の楽器をフルに使ってナレーション付きでグループごとに特徴があって、楽しませてもらいました。みんな上手でした。

ぐりおの4時間目、算数の授業は分数でした。
先生も下準備大変だっただろうな~と思われるほどのたくさんの絵が黒板に張ってありました。
授業の終わりに黒板は空きスペースがないほど、先生の熱意を感じました。
授業の最後に先生が聞きました。
先生   「3分の1と言う意味説明出来る人?」
Aくん  「3つのなかの1つです」
先生   「他に違う意見の人?」
Bくん  「3つに分けたうちの1つです」
先生   「なんとなく言おうとしてることはあってるのですが。。。他に?」 
C子さん 「3等分したうちの1つです」
先生  「そうです。3等分したうちの1つですね〜」
「等分」という言葉が先生は言って欲しかったようで、ニッコリ。
そして知り合いの人がこっそり教えてくれました。
「C子さん塾いってるらしいよ。」と。
やはり、ぐりおもそろそそ塾にいれたほうがいいかな?という気持ちになりました。



授業参観もおわり、分団懇談会と学級学年懇談会へ、本台は来年度の委員決めでした。
ぐりおも今度小5になります。
分団懇談会で、じわじわと視線が私の方へ向けられて、分団実行委員になりました。
これも順番ですね〜
これから学校へ行く機会が増えそうです。
[PR]
by daisukit | 2007-02-10 00:48 | 学校の行事

中学2年生と小学6年生の男の子の話題は大好きな野球とゲームとあれこれ・・・
by daisukit
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな